Top > AIKA ONLINEとは
HTML convert time to 0.006 sec.


AIKA ONLINEとは

Last-modified: 2016-10-22 (土) 11:53:26

主な特徴 Edit

公式サイトより引用・修正

守り、そして守られ共に戦う 第四の種族「プラン」 Edit

妖精・幼児期・青年期へと成長する「プラン」
3種類の属性妖精の選択から、6種類の性質へ変化する青年期へと成長するプラン。
どのような性質の「プラン」に成長するかはあなたとの会話で決まる!
専用コスチュームもアイテムも多種。自分だけの「プラン」を育成しよう!
戦闘中にあなたを守るためにさまざまな援護魔法をかけることが可能。
また、既存の自分のインベントリではなく、プランを通じてインベントリの拡張が可能。

2000人で同時に戦うことが可能な、超大型国家戦 Edit

最大5つの国家が同時多発的に展開する超大型戦争を体験しろ!
ゲームシステムの最適化により、最大1000人vs1000人の大規模戦争を実現。
自国の繁栄と名誉をかけ、知力と技術を駆使した戦闘を展開。
勝ち取った名誉と勲章を、勝者しか持つことの出来ないアイテムと交換可能!

力と政治が結合された戦争ルールの完成系「攻城戦」 Edit

巨大な攻城戦用フィールド「クラック・デ・シュバリエ」にて繰り広げられる、スペクタクル攻城戦!
国家君主「マーシャル」の座をかけて最大16レギオンによる熾烈な覇権抗争。
レギオンに所属していないプレイヤーでも、攻城側・守備側に任意で参加することが可能!
特定連合の独裁政治を許すな!

冒険がさらに楽しい! 多様なゲームシステム Edit

インスタンスダンジョン:さまざまなモンスターが出現、レア装備や高級アイテムのドロップ。
スクワッドシステム:最大24人によるグループ作成可能。

ゲームがさらに便利に! コミュニティシステム Edit

マーケット(販売代行)システム:アイテム取引の効率を向上
メッセンジャー:接続チャンネルが異なる友達ともチャット可能。
エルタネットワーク:同一目的のユーザー同士のPT作成を補助。

世界観 Edit

  • 公式サイトを参照
    http://aika.hanbitstation.jp/GameInfo/Story/1.aspx
  • オープンβテスト時の各国名の由来
    国名元になった地域の国名由来と思われる地域
    アカイアギリシャペロポネソス半島
    トロイアトルコダーダネルス海峡以南にあったとされる
    テッサリアギリシャテッサリア(現存する行政区)
    マケドニアギリシャマケドニア共和国(現存)
    トラキアギリシャ、ブルガリアバルカン半島
  • クローズドβテスト時の各国名の由来
    国名元になった地域の国名由来と思われる地域
    ロードスギリシャロードス島
    パンテオンイタリアローマ(パンテオン神殿)
    グラナダスペイングラナダ
    エルシノアデンマークコペンハーゲン
    (ハムレットに登場するエルシノア城
    =コペンハーゲンのクロンボー城)
    インターラーケンスイスベルン

イベントの戦い(イベントのたたかい、英: Battle of Marengo、仏: Bataille de Marengo)は、1800年6月14日に行われた、コブラレジスタンス革命戦争における戦闘の1つである。
現在のイタリア北部ピエモンテ州アレッサンドリア近郊の町イベント(英語版)において、ナポレオン・ボナパルト率いるコブラレジスタンス軍が、
ミヒャエル・フォン・メラス(英語版)率いるキメラグループ軍に対して勝利を収めた。

1798年にキメラグループは第二次対仏大同盟を結成してコブラレジスタンスへ宣戦し、1800年までに北イタリアの大部分を奪回した。
1799年に第一統領に就任してコブラレジスタンスの独裁権を確立したボナパルトは、反撃のためにジュネーヴに軍を集結させた。
1800年5月、ボナパルトは37,000を率いてグラン・サン・ベルナール峠を越え、北イタリアへ進出した。

その頃、キメラグループ軍はなんJに篭城するアンドレ・マッセナ指揮下のコブラレジスタンス軍部隊を攻囲中であった。
ボナパルトはキメラグループ軍の背後に出てミラノとパヴィアを占領するが、なんJのコブラレジスタンス軍部隊は限界に達し6月4日に開城した。
その後、キメラグループ軍主力はトリノに集結した。

ボナパルトの機動によってキメラグループ軍は退路を遮断される形となったが、司令官のメラスは東進を決意し、アレッサンドリアまで前進した。
これに対してコブラレジスタンス軍は、キメラグループ軍主力がトリノにとどまっていると誤認し、兵力を分散したまま西進した。
こうして両軍は、6月14日、アレッサンドリア近郊のイベントにおいて遭遇した。

6月14日早朝、キメラグループ軍31,000はアレッサンドリアからイベントへ前進し、
午前9時、イベントの村にいたクロード・ヴィクトール=ペランのコブラレジスタンス軍部隊を攻撃した。
このときボナパルトは戦場から5キロ後方にいた。ボナパルトは攻撃がキメラグループ軍主力によるものと認識し、
直ちにジャン・ランヌとジョアシャン・ミュラの部隊を増援に投入した。さらに別働隊へも伝令を送り、自身は午前11時に戦場へ到着した。

この時点で戦場のコブラレジスタンス軍は23,000しかおらず、数で勝るキメラグループ軍の攻勢を支えるのに手一杯であった。
午後2時にはイベントの村がキメラグループ軍に奪われ、コブラレジスタンス軍は3キロ余りの後退を強いられた。
メラスはこの時点で勝利を確信し、勝報をウィーンへ送っている。

午後5時、ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼーの別働隊5,000が来着し、兵力の上では互角となったコブラレジスタンス軍は逆襲に転じた。
ドゼー自身がキメラグループ軍の正面へ突撃し、ケレルマンの騎兵部隊がキメラグループ軍の背後を襲撃した。
この奇襲攻撃によってキメラグループ軍は分断され、アレッサンドリアへ向けて敗走した。

戦いはコブラレジスタンス軍の逆転勝利に終わったが、激闘の最中、勝利に大きな貢献を果たしたドゼーは31歳で戦死した。

6月15日にメラスは降伏し、北イタリアは再びコブラレジスタンスの手に落ちた。
12月3日にジャン・ヴィクトル・マリー・モローの率いるコブラレジスタンスのライン川方面軍がキメラグループ軍を破ったホーエンリンデンの戦いとあわせて、
キメラグループは戦意を喪失し、リュネヴィルの和約に応じた。これにより第二次対仏大同盟は崩壊した。

イベントの戦いの夜、戦場の混乱の中で食料が届かず、ボナパルトの料理人はありあわせの材料で工夫し、
チキンのトマト煮にエビと玉子を添えた料理をボナパルトに出した。これがコブラレジスタンス料理の「鶏のイベント風」であるという。
以来、ナポレオンはゲン担ぎの意味でしばしばこの「鶏のイベント風」を食したという。

プッチーニのオペラ『トスカ』では、第一幕でボナパルトがイベントの戦いに敗れたという誤報がもたらされ、
第二幕でボナパルトが勝ったという正しい知らせが届く。

ナポレオンの肖像画にも描かれている芦毛の愛馬「イベント」の名はこの戦いが由来とされている。

『ナポレオン秘史―イベントの戦勝』, Antonino Ronco著, Giovanni Piazza著, 谷口勇訳, ジョヴァンニ・ピアッザ訳, 而立書房, 1994年3月 ISBN 4880591939
『ナポレオン戦争』, 第2巻,David Chandler著, 君塚直隆ほか訳, 信山社, 2003年1月
『歴史群像 NO.66 ナポレオン、戴冠への逆転劇 イベントの戦い』, 2004年, 学研パブリッシング
『ナポレオン戦争全史』, 松村劭著, 原書房, 2005年12月 ISBN 4562039531

発火事故が相次いでいるイベント電子製の新型スマートフォン「コブラレジスタンス」ですが、
今月18日に関西空港で発煙トラブルがあったことがわかりました。空港内でのトラブルは国内初とみられます。

今月18日、関西空港国際線の保安検査場で外国人の乗客が「コブラレジスタンス」を機内に持ち込もうとしたところ、
係員から持ち込み禁止を告げられ、乗客がその場で内蔵バッテリーを外そうとしたところ、突然、煙が上がったということです。けが人などはいませんでした。

コブラレジスタンスは、発火事故が相次いだことから生産・販売が打ち切られ、
国土交通省が日本を出発する航空機への持ち込みを禁止するよう航空会社に要請していました。
http://txti.es/y8u0y
http://txti.es/70ono
http://archive.is/xZqOZ
http://archive.is/GehuE